競馬ファンだけの密かな「時」の感じ方

競馬予想・情報会社比較サイトウマ~い

競馬ファンだけの密かな「時」の感じ方

オンラインニュースの見出しに懐かしい名前を見つけて、記事をじっくりと読みました。
1991年の皐月賞でトウカイテイオーに続いて2着だったシャコーグレイドが、
映画『超高速! 参勤交代』に出演し、
エンドロールに競走馬時代の名前が流れて話題になっているとありました。

競走馬時代には、好走はするもののなかなか連に絡んでくれず、
今回ははずそうと買わずにいたら2着に入ってしまって、
あまり相性のよい馬とは言えませんでしたが、
それでもまだ元気な上に、映画出演までしているというニュースには
思わず顔がほころびました。
ライバルだったトウカイテイオーが昨年死亡したこともあり、
余計に感傷的にさせるのかもしれません。

競馬をする人には「時」というものが、一直線に流れるのではなく、
一年単位で回って訪れる、とどなたかの文章で読みました。

桜の季節になると桜花賞を思い、優勝馬の名前とともに当時のできごとを思い出す。
新聞にダービーの文字を見つけると、ダービー馬の雄姿とともに
その時のことに思いがおよび、優勝年を知って、
改めてもうそんなに年月が経っていたのかと感慨に耽る。
他のスポーツなどにこうしたものがあるのかは知りませんが、
競馬ファンには、他の人よりもうひとつ別の「時」の受け止め方があるのだと思います。

競馬を始めた頃には思いもしなかった、こんな時の感じ方があるのだということを知り、
シャーコーグレイドの名前を見ながら、
競馬ファンでよかったな、とにんまりとしてしまったのです。

 

メニュー
競馬体験談
競馬関連記事