競馬予想・情報会社をあらゆる視点から徹底比較!

競馬予想・情報会社比較サイトウマ~い

2017年最新の競馬情報会社比較

フォーメーション

弊社では投資競馬に関して様々なプロフェッショナルが終結しており、会員様に一切の不安なく投資を行っていただくために日々、研鑽しております。
貴方様の投資環境を良好にし、結果をご期待いただけるように成功者への架け橋となるべく弊社は尽力いたします。

運営会社 所在地 電話番号 メール
株式会社三輪舎 東京都練馬区旭丘1-73-13 03-5931-4761 info@formation-ff.com



高配当.com

レース直前の各種情報入手もOK
急遽ご提供させて頂く情報もしっかりGET

そしてどの競走馬が制するのか!直前での確信的有力馬情報を独占公開致します!

運営会社 所在地 電話番号 メール
株式会社MAY 東京都新宿区上落合2-22-12-304 0570-011180 info@ko-haito.com

ネットの情報を存分に活かした競馬予想について

予想を行う人のやり方にもよりますが、今は競馬予想にネットの情報が欠かせなくなっています。競馬新聞だけでは拾い切れないような情報をネットで集めていき、それをもとに最終的な予想をしていきます。

 

競馬新聞は競馬予想をするうえでかなり優秀なツールですので、それさえあれば予想ができないわけではありません。ですが、いくら競馬新聞でも競馬におけるすべてのデータを掲載しているわけではありませんから、少しマニアックな角度から競馬予想をするときはどうしてもネットの情報を頼らざるを得なくなります。

 

たとえば1頭の馬の血統をたどったとき、父や母の中でこれから予想しようとしているレースを勝った馬がいるのかどうかを調べたいとします。競馬新聞では父と母と母父の名前まではだいたい情報が掲載されていますが、それ以上の詳細についてはネットの情報を調べていくしかありません。調べていけば、3代前の母が同じレースを勝っている、あるいは2着に好走しているなどの情報を得られます。

 

その情報を得られれば、血統の力によってその馬も好走するかもしれないという競馬予想をすることができます。他の考え方で競馬予想をする人からすれば「そこまで細かく調べてもしかたないのでは」「それが本当に予想に役立つのか」などの疑問を抱いてしまうかもしれません。ですが、競馬予想は各個人でそれぞれ考え方が異なりますので、必ずしも他人がすべてを理解できるわけではないです。そのくらい血統を詳細に掘り下げた予想をする人は少なくないですし、それを調べるためにネットの情報を活用するのは当たり前になってきています。

 

また、最もポピュラーなのは、レースの詳細を知りたいときかもしれません。3走前に走ったレースはどのくらいのレースレベルだったのか、それがネットの情報なら一発でわかります。競馬のレースがデータベース化されているサイトはたくさんありますので、そのサイトへとアクセスすればたいていのことはわかります。

 

競馬新聞でも簡略化された形で掲載されていますから、それでも十分な情報です。ですが、やはり詳細に掘り下げるならネットの情報が優れているので、それを参考にすることで競馬予想に役立てることができます。

 

ただ、あまりにもネットの情報が気になってしまうと、1レースにかける競馬予想の時間は長くなり過ぎてしまいます。それもまた競馬における楽しみなのかもしれませんが、そうなると今度は整理ができなくなってしまいます。ですので、競馬予想でネットの情報をどう活用するかが現代の予想のポイントです。

 

競馬予想時に高配当を狙うには、得意な競馬場がある馬を狙うこと

競馬予想時に注目した方がいいことのひとつとして、出走馬と競馬場との相性というものがあります。これがどういったものかといえば、馬にはそれぞれ得意な競馬場というものが存在している場合があり、その条件に限れば通常よりも力を発揮する場合があるので、競馬予想時には抑えておく必要があるということです。

 
例えば得意な競馬場がある馬として有名な馬に、メイショウカイドウという馬がいます。このメイショウカイドウは他の競馬場ではいまいちでも、小倉競馬場に限れば好成績をあげています。全部で11勝している馬なのですが、その内8勝を小倉競馬場で勝っているくらいです。さらに小倉記念を連覇に、小倉大賞典とTV西日本北九州記念も勝つなど、小倉競馬場で行われている3歳以上の重賞を全て勝っている、まさにミスター小倉と呼んでもいいくらいの小倉競馬場巧者となっています。

 
メイショウカイドウ以外の馬だと、ウオッカなども得意な競馬場を持っている馬として有名です。ウオッカはGⅠを6勝もしている馬なのですが、その内5勝を東京競馬場であげており、他の競馬場だとGⅠだと2歳時の阪神ジュベナイルFに勝っているとはいえ、それ以外は掲示板にすら載らないような惨敗ぶりです。このように東京競馬場以外では並みの馬になってしまいますが、逆にいえば東京競馬場だと絶対に押さえておく必要があるということです。

 
最近の馬でいえば、トーセンラーなどもこういった特定の競馬場でだけ力を発揮する馬に該当します。トーセンラーはマイルチャンピオンSを勝ったGⅠ馬なのですが、マイルチャンピオンSが行われる京都競馬場が得意な馬でした。同じマイルのGⅠの安田記念では、14着と惨敗していることでもそれは分かります。マイルのGⅠを勝っているからといってマイラーという訳でもなく、天皇賞(春)の2着や菊花賞の3着があるように、京都競馬場に限ってはどんな距離でもこなすような馬でした。

 
武騎手はウオッカを本質的にはマイラーだと語っていましたが、東京競馬場だと2400メートルのジャパンカップを勝っているように、ウオッカやトーセンラーのような得意な競馬場を持っている馬は、距離適正などが一切関係なくなってしまうところも特徴としてあります。競馬予想をするときには、こういったことを踏まえた上でそこまで考えて予想をする必要が出てきます。

 
高配当を狙おうという場合には、こういった馬を買っておくと高配当を手にする可能性が上がるということでもあります。前走を大敗して人気が下がっているような馬が、得意な競馬場を走る場合には、是非とも競馬予想時にチェックしておくといいでしょう。

当たる競馬予想のカギは複勝馬券

当たる競馬予想を追求していくなら、複勝名人になることが最も現実的です。競馬の馬券には、いろいろ種類があります。その中で一番当たりやすいのはやはり複勝です。買った馬が3着以内にくればそれで的中ですので、まさに当たる競馬予想をしやすいです。

 

競馬では「この馬なら絶対勝てる」と思った馬がまさかの2着や「連軸として鉄板」と信じた馬が予想外の3着になってしまうことがあります。競馬の結果を着順までピタリとよみ切ることは至難の業で、それができたらプロの予想師として生活していくことも決して夢ではありません。そこで、当たる競馬予想になりやすい複勝の予想を磨いていきます。

 

複勝ならまさかの2着、予想外の3着でも的中になりますので、そう簡単には外しません。もちろん予想の中核が大きくズレていて5着もない大敗を喫してしまうこともあります。ですが、よほど予想の調子が悪くない限り大敗する馬を連続で本命にすることはないでしょうから、的中率をそこそこに保つことができます。

 

次に気になるのは複勝の配当です。いくら当たる競馬予想をするために複勝狙いに的を絞っても、その配当が安ければ儲かりにくいのは分かり切った事実です。複勝の配当は1番人気だと1.1倍から1.5倍前後になることが多いため、これではあまり儲からないイメージです。ですが、それでも連続的中していけば確実に利益を上乗せできますので、配当がそこまでではなくとも十分期待できます。また、レースによっては1番人気での複勝が1.5倍から2.0倍前後になったり、2番人気や3番人気の馬はだいたいそのくらいの配当で落ち着いています。競走馬の人気は落ちれば落ちるほど好走しづらくなるので、的中率と配当のバランスはそれでとれています。つまり、当たる競馬予想でなおかつ配当も求めるなら、その予想精度を上げていくことが必須です。

 

当たる競馬予想を実際に行っていくためには、とにかく堅実に当て続けることが大切です。堅実に当てていけば大振りすることなく的中重視の予想ができますので、予想にブレがなくなっていきます。その状態を維持したまま自身のあるレースで賭け金を増額すれば、そこを的中させて儲けることができます。

 

実際にはそこまでトントン拍子に上手くはいかないのかもしれませんが、それができるようになれば競馬で利益を出すことも夢ではありません。複勝は地味で配当も安いですから一攫千金の万馬券は厳しいですがだからといって利益を出せないわけではないですし、何より当たる競馬予想として注目です。

 

メニュー
競馬体験談
競馬関連記事